病気になったときはちゃんと治そう|うつ病を知って対策

うつ病の早期治療のために知っておきたいこと

病気を知って治そう

カウンセリング

調べること

誰もがうつ病にかかる可能性があります。遺伝による発症が多くの割合を占めているとはいえ、今では多くの人がこの病気に苦しんでいるのです。自分がかからなくても、周囲の人がこの病気にかかってしまう可能性は高いので、知っておくことはとても大事なことだといえます。うつ病について知ろうとする際には、病気の症状はもちろん、どんな薬が使われているのかも知っておくと良いでしょう。毎日飲む薬なので、どんな効き目があるのか、勝手に止めてしまうとどうなるのか、インターネットでも調べることができます。薬はどこでもらえるのか、どんな症状の場合に必要になるのかにも言及されています。治療にはお金がもちろんかかってきますので、どの程度治療に時間がかかるのか不安です。生活のことは病院や、地方自治体で支援がされている場合もありますので、困ったときはそういった期間を利用することが大事です。

分類によって違う症状がある

一般的な症状としては、突然悲しい気分になることが繰り返され、それが長く続くというものです。それに付随していろんな症状が起こってきますし、うつ病の種類によっても現れる症状が違ってきます。基本的には抑うつ状態になるということがどの分類にも共通していることです。身体的にも症状が現れる場合があります。どんな例があるのかというと、睡眠障害が起こるというのが一つの例です。摂食障害が出ることもありますし、人によっては腰痛がずっと続くという、身体に強く症状が現れる人がいるのです。ここまで読んで気づいた人も多いですが、これらの症状は風邪を引いたときにも出ますし、衝撃的なことが起こったときにも生じます。そのため、最初は「ただ調子が悪いだけだろう」と考えて、放置してしまいがちなのです。周囲の人も、抑うつ状態が長く続いているにも関わらず、「ずっとあんな状態なんて、ちょっと考え過ぎなのではないか」と捉えてしまうことも多いのです。この病気が怖いのは、症状が進んでしまうと、希死念慮が起こってしまうことです。死ぬことを考えて、実際に実行に移してしまう人もいます。そうなる前に治療をすることが大事ですし、周囲も防ぐことができるように対策をする必要があります。

補助金をもらおう

もしうつ病であると診断されたのであれば、治療に専念することが大事です。ストレスが大きな要因となっているこの病気は、発症したのであればストレス源となっているものから離れて療養する必要があります。そのため、仕事を休んだり、辞めたりしなければならない場合もあるのです。そうなると生活費や治療費のことが心配になってしまいますが、焦らないで治療をすることが大事です。意外と知られていないことなのですが、条件が当てはまれば傷病手当をもらうことも可能です。傷病手当の条件とは仕事に従事することができないことと、休んでいるため会社から給料が支払われていないことなどが条件となっています。会社でも病休の制度を設けているところがありますので、そういった制度を利用して治すことに専念するべきです。出勤する場合でも、日数や日程など、調節できる時間があれば話して対応してもらうことが大事です。

流れと段階

男性

うつ病ではないかという疑いがある場合、専門医の診療を受けて確定すれば治療することになります。初診の際には、できれば家族が同伴した方が良いです。治療期間は長くなる場合もあります。

サインをチェックする

看護師

身体や精神は、病気にかかると様々なサインを出します。そのサインを放置せず、総合的にチェックしてうつ病の傾向があるとなった場合は受診することが大切なのです。テストは簡単にできます。

再発を防止しよう

相談

身体的、精神的な症状が強かった治療中に比べ、回復期にはうつ病の症状もだんだん楽になってきます。しかし、その時期が一番危険ですし、治ったとしても再発の恐れもあるので気をつけて生活改善をしましょう。